30代女性の節約:食材を栽培して食費を節約

食材を栽培して食費を節約

野菜や果物を自宅で作るようにしています。

お米も作っています。

 

購入すると購入した方がお金がかかるので作るようにしました。

お米を作るのは手間や時間がかかりますが、作ったほうがお金がかかりません。

 

電気代や光熱費は家族で話あって節約できるところは節約するようにしています。

 

車はガソリン代金がかかるので、自転車で行けるところは自転車で移動するようにしています。

お金も月いくらと決めて貯金するようにしています。

 

月にいくらくらいの節約になったか

月節約していない時は、マイナスになる事が毎月でした。今は、5万円くらい節約できるようになりました。

 

節約術をやって良かった点、悪かった点

良かった事は、生活費を節約出来た事、スーパーに買い物に行ったりするよりも、時間が出来た事。

 

節約について家族で話あう事でコミュニケーションが増えた事。

子供の宿題の作文のネタ(野菜作りや、お米作りのこと)が出来た事。

 

野菜を作ったり、お米を作ったりすると楽しいので、スーパーに買いに行っていた時よりも、ストレスが減った事です。

 

野菜を作りすぎてしまったら、子供の学童に寄付できた事。

悪かった事は、子育てしながら、畑やお米を作るのは、少し大変だった事。

 

台風や天候によって、野菜の苗や田んぼなどが荒れてしまう事があったので大変でした。

 

畑や田んぼをすると体力がいる事。

疲れをためないようにはしていましたが、疲れる時は疲れました。

節約術を続けるためのコツ

畑や田んぼの管理は天気が重要なので大雨や台風に備えて準備をする。

 

無理をしない。

疲れた時は休んで、自分を第一に考える。

無駄な出費をしない。

 

できるだけ外食をしないで、自宅で家族でご飯を食べるようにする。

徒歩や、自転車で行けるところは車を利用しない。

 

自宅の掃除や整理整頓をして、不要な物はリサイクルショップやバザーなどに持って行く。

 

不要な物は捨てる。

なるべくテレビ時間を減らして、家族の会話を増やすようにする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました